<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

京都環境建設研究会:7月

昨日は16:00~協力を頂いている京都環境建設研究会の会議。

議題は
1.Kプロジェクト(我が家の新築計画)
2.院生君修論計画経過
3.経営学の先生による研究会組織化案

Kプロジェクトは現在のコスト調整経過報告。
今現在の木材歩留まりが院生君より報告された。
(今後、着工前の仕上げに入るので、下記の歩留まりは変わる)

我が家に使う木材は2ヶ所の山から立木伐採されたのだが、
宇治田原の木材は間伐材及び択伐形式であったので
口径の細い木が主、なので歩留まりは58.9%。

高雄の山から伐採された木は大径材が多く、
ヒノキが74.4%、スギが72.9%。
これはかなり高い効率良い数字らしい。

院生君の修論は木材流通に関してのチャート図と
意思決定の流れと原則ルールなるモノが提示された。
(これについては今後、院生君の修論完成後にHPで書く予定)

そして研究会が今後家づくりプロジェクトに関わっていくため
会を組織化する案が経営学の先生から発表された。

今現在の研究会は京都大学内に事務局があり、研究の場。
我が家のプロジェクトは建築家さん・工務店さんと施主が
個別に契約し、研究会ではその住宅建築を資料に研究を
している・・・というスタンスである。

しかし、今後研究とは別に一般のお施主さんの相談窓口、
住宅建築に関わるには京都大学と分離された組織が必要なのだ。

先生から提案された組織は「LLP」「LLC」というもの。
経済に疎い私は当然のごとくわかりませんでしたです。
で、早速調べてみた。(私は検索魔でございます・笑)

LLCとは
リミテッド・ライアビリティー・カンパニー、有限責任会社。

LLPとは
リミテッド・ライアビリティー・パートナーシップ、有限責任事業組合。

各専門家や会社などが協力し合い、新たな事業に取り組むという形式。
会社と組合の中間事業体らしい。
利点は組織として日本の従来法律に基づいた取締役・監査役などを
通さず、グループの内部で自由に組織運営ができるコトらしい。
LLCとLLPの違いは法人格の有無と課税方法らしい。

・・・・全部「らしい」という自己解釈に基づくモノでございます。
ちょっと難しすぎて、次回誰かに説明してもらわねば(苦笑)

研究会において上記の組織化をするとなれば、
研究の場である研究会はそのまま残しつつ、新たに施主の依頼を
受ける主体組織(LLC?)を作り、各プロジェクトごとに建築事業(?)の
集まりを作るということみたい。(先生作成の図による私の解釈)

各プロジェクト事業ごとの集まりには当然、林材業、設計者、
工務店、が加わることとなるんでしょう。

経済のお勉強も少しせねば話についていけないのかも。
ファイトでございます。←自分。

我が家の立木伐採時に多大なご協力をしてくださった
八木木材市場のHPができました。私のHPにも今夜中に
リンクを貼る予定です。

(株)八木木材市場
[PR]

by youpackhome | 2006-07-07 16:50 | 研究会

建築基準法への疑問

やっとExciteのサーバー増設メンテナスが行われ、
元のサクサク表示のブログに戻ったようなので、
ちょびっと家づくり雑感なども書いてみようかなと思います。

建築基準法には「有効採光面積」というのがあります。
これに私は大きな疑問を持っています。

換気のためや、もしもの災害などで出入り口となるべく
窓面積が決められるなら納得できるのですが、
なぜに「採光」が法律で決められなければならないの?

私だって真っ暗な外の天気さえもわからないような家は嫌ですよ。
だけど日がサンサンと入る家を望んでるわけでもない。
完璧に日が差し込む家でないと何か体に害があるんでしょうか?

昔の京町屋などは暗いですよね。それでも居心地良く住んでる人はいる。
マンションだって角部屋でなければ窓がない部屋が出現しますよね。
大抵、リビングと続き間という和室ということで誤魔化されてるけど、
間仕切りを閉めれば完璧に闇の空間ですよ。

今回のプラン、窓のない部屋なぞ1つもありません。通風だって考えて考えて
間仕切りを開ければ完璧に3・4方向から取り込めるよう設計されてます。

随時開放できる間仕切りで仕切られた2室は1室とみなすらしいけど
我が家のプラン、上記の解釈をしても採光面積の法律に引っかかり、
2枚の引き違い掃き出し窓にしたい部分を、3枚の掃き出し窓に
しなくてはならなくなりました。

で、1枚をFIX窓に2枚を引き違い窓にしてもらいました。
3枚引き違いの窓はお高いのですよ(-_-;)

ブリブリ文句を言っても研究会の協力を得る以上、
妙な誤魔化しなしに「完璧に法律に引っかからない家」を建てます。
だけど私の正直な気持ちは、この通風にも関係ない1枚の
FIX窓の予算を他に回したいです。

納得はできないけど仕方ありません。プンプン(-_-メ)
[PR]

by youpackhome | 2006-07-04 02:38 | 雑感

見積もり出ました

5月30日に長時間に渡り、工務店さんにて
コスト削減を話し合ったわけですが、その時は
約1590万円(税・外構込み)ぐらいに落とせるだろう・・・とのことでした。

で、出ました!その時の話し合いを反映させた見積もり。
約1570万円(外構・贅沢設備・税込)
※贅沢設備=浴室暖房乾燥機・食洗機・2階トイレ温水洗浄機能

予想よりもまだお安くなっておりました\(^o^)/
当然、木材のグレードなどは下げておりません。

まだあきらめませんよぉ。(しつこい施主で申し訳ない)
コンセントやその他モロモロ、細かく見直しますです。

最初、太鼓張りという木枠のない襖でデザインされていたのですが、
これは非常にお手間のかかる仕様。即、普通の木枠アリの襖に変更。
(お値段は倍くらい違うんですよ)

ところで、予算的にあきらめたガルバの外壁ですが、
材料だけだと確かにサイディングの方が安いのです。
しかし、サイディングなどではコーキングなどで施工料がアップし、
外壁のトータルコストとしてはほぼ同一価格でした。

再度ガルバリウム外壁案の浮上もありえるかも?
これは建築家さんと相談して決めたいと思います。

個人的には全面ガルバは「どうかなぁ?」と思ってるので
1階と2階でガルバとサイディング吹き付けで素材感を
分けるのもステキだと思っているのですが・・・。

来週には7月の研究会、さてさてどうなるやら・・・・頑張るぞぉ!
[PR]

by youpackhome | 2006-07-02 02:15 | コスト