<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

打合せ

今日は、建築家さん、アドバイザー建築家さん、院生君、
私との分科会メンバー全員での打合せでした。

本見積もりに向けて、18時から始まった打合せ、
終了は23:00。皆様ありがとうございますm(__)m

コストダウンのための内装仕様変更は、
大体、すでに終わっていたので、確認事項のみ。
屋根裏収納への登り口、玄関仕様などを
話し合ってきました。

他にはコンセントの位置確認、各小窓の高さ、照明etc・・・。
エアコンの室外機置き場の想定もした。
エアコンは持ち込みだが、小さな家なので、そういう細かなコト
も決めておかなければ、せっかくの家が台無しになってしまうのだ。

一通り、打合せが終わった後、今、行き詰っているHPのため、
構造設計の説明を建築家さんにしていただいた。
これでやっとHP記事が書ける・・・近日中にアップします。

次回の打合せは4月4日、大工さん、工務店設計士さんに
納まりなどを色々とご相談する予定です。
[PR]

by youpackhome | 2006-03-31 00:06 | 建築日記

大工さんと建具屋さん

昨日、ただいま自然乾燥中の木材が保管されている所に
工務店社長さん、大工さん、建具屋さん、院生君達と行ってきました。
目的は主に大工さんが、どの木をどこに使うかを見て下さることと、
建具屋さんが、建具と家具(テーブル)に使う木を見てくださること。

f0031375_15105492.jpg左は皆さんでミーティングをされている様子。
前にも一度、大工さんとお会いしましたが、
その時は、あまりお話する時間がなかったけど、
今回は私の希望を直接伝えられました。

私の希望は「自然な納まり」「デザインしすぎない家」
例のキツツキ穴の木材を「そのままもおもしろいかも」
と大工さんがおっしゃって下さったのも嬉しかった。
(もちろん、まだ実現可能かどうかはわからないです)

そして、建具や家具を作ってくださる荒川さんが、
なんと私が「デザイナーズハウス」を希望していると
誤解をしていらしたことが判明!

私が「普通の家が良いのです。この木材の風合い、
そのものがデザインとなってくれると思うから」と話すと
「えっ!そうなんか?デザインし過ぎんほうがええ。
 そうか、そうか、そらええことや」と賛同して下さったのも嬉しかった。
[PR]

by youpackhome | 2006-03-26 15:23 | 木 材

本見積もり待ち

再度見積もりをお願いするのは4月上旬くらいになるみたい。
あの800万円オーバーの仕様をどこまで下がられるのか?

設備機器や玄関・洗面の仕様グレードなど、
とにかく下げまくる。

私のどんよりオーラを見た夫は「予算を上げようか?」とは
言ってくれたが、それは見積もりの内容を見ていないから。
「どうしても仕方ないなら上げようか?」という意味。

当然のごとく、予算を上げなければいけないなら、
見積もりのスミからスミまで夫がチェックを始めるだろう。
(今は好意で黙って成り行きを見てくれているのだ)

夫が「国産無垢材の家」を望んでいるわけではなく、
私のワガママで発進した新築計画。
竣工すれば、絶対に夫も満足してくれるという確信はある。

しかし、竣工するまでは図面上のデータしかないわけで、
それで納得をしてもらわなければならない。
「建ったら価値がわかる」などという言い訳は通用しない。

予算に納まらない場合に私が予想する夫の提案。

「あらわし」→「クロス天井が嫌ならベニヤにすれば」
「床厚」→「質感を感じたいなら合板に薄板を貼り付ければ?」
2階の半吹き抜け+天井あらわしも却下に進む可能性大。

次回の見積もりは何としてでも現実的なコストにせねば。
大抵、私の意向を尊重してくれる夫ではあるが、
それが数百万円単位だと話は別。当たり前ですわね(-_-;)

間取りを決めるより、設備を決めるより何よりも
コスト調整が最大の山場・・・まったく胃が痛い話だ。
[PR]

by youpackhome | 2006-03-21 02:11 | コスト

木材>製材3 アップ

木材>製材編3をアップしました。

私のお気に入りの「お顔の節」写真と
びっくり仰天素晴らしい天板の写真などなど。
「木材の等級」についてのプチ情報も書いてます。

設計>詳細設計>構造計算編はギブアップ。
書かないわけではないです。
次回、建築家さんと会った時、図面を前に
説明を受けることにしました。

「しました」って私が勝手に決めたことです。
よろしくお願いします♪池井様m(__)m

建築家の池井さんも大変です。
私のようなしつこい施主で・・・。
[PR]

HP更新情報

木材>製材2をアップしました。
「アテ」と云う、専門用語(?)について書きましたが、
私の解釈が間違っていたら、ご遠慮なく指摘してください。

1ページに収まるかと思ったけど製材3に続く予定。
楽しい節の話やキレイな天板が取れた話を書くつもり。

天板は取れたものの、それを加工して
テーブルにする予算捻出ができるのかが大問題。
とても立派な天板なので、夫にDIYしてもらうのは怖い。

建築家さんにデザインしてもらって、院生くんが
作ってくれることを密かに期待する厚かましい私。

f0031375_2502928.jpg
構造設計編は相変わらず停滞中。
左記のような初めて見る図面数枚を
前に悪戦苦闘中です。
[PR]

京都環境建設研究会3月

2月はお休みだったので、2ヶ月ぶりの研究会・会議。

1.院生くん制作の研究会のHPが発表された。
デザインもステキ。近々公開される。

現在の研究会は住宅生産システム、
解体を考慮した設計手法、木材流通の研究の場であり、
「施主の相談窓口」としての活動は今後、研究会とは
別に何らかの組織を作られる予定。

2.今後の木材市場の役割などが議論される。
3.農学部の大学院生さんの修士論文の発表。
4.院生くんの修士論文内容の計画発表。

我が家の新築計画については、モルダー加工の
効率化の提案などがあり、コスト削減につなげていく
内容が話し合われた。

やっぱり研究会会議の緊張感が私には必要みたい。
だんだん休止中の頭が働き始めたので、明日からは
溜まっていた記事を書けそうな予感。

私のピリピリモードも落ち着いた。
今後は大工さん、工務店さんとの全打合せに
私も参加させてもらい、皆さんの意向・期待も
実現させるべく建築家さんと一緒に頑張る。
(予算は上げられないですけど(-_-;))

ファイト!自分(^o^)/
[PR]

by youpackhome | 2006-03-10 00:59 | 研究会

ピリピリムード全開

予告編は出したもののHP記事の更新がストップm(__)m
最近、私はピリピリムード全開でご機嫌ナナメです。
なので、文章書きに集中できないのです。

今回は超豪華仕様で見積もりをお願いしたので、
予算を大幅に上回る見積もりが出てくるのは、
当然のごとく予想。ビックリ結果でもないです。

「超豪華」・・・というのは、
デザインを全て盛込み、思いっきり解体を考慮した
仕様なので、合板も一切使わず、環境配慮の
素材を盛込みまくったから・・・。

予算内に収めるには、
環境配慮素材も取りやめ、合板も一部使用。
デザイン的にも外していく部分が出るでしょう。多分。

私個人から見れば、十分に無垢材仕様だし大満足。
でもね、誰かの意向を外していく作業は精神的にシンドイ。
たとえ「気にするな」と言われても気にしますです。

夫は私の気分を浮上させようとDVDなどを持ち帰り、
おいしいモノをお土産に買ってきてくれたり気遣ってくれます。

最後には「予算上げようか?」と言ってくれましたが、
自営業だし、いつ資金が必要になるかわからない。
建物の予算だけは死守します。絶対に。

最後には、こういう時期も「あぁ、悩んだ時期もあったな」
と良き思い出になることでしょう。ねっ(^_^)v
[PR]

by youpackhome | 2006-03-08 19:17 | コスト

予告編

今、準備中の記事。

1.木材>製材2

建具・家具用の製材作業を見学した日のこと。
構造材にできない理由など、木材プチ情報。

2.設計>詳細設計>構造計算

構造計算の結果により変更された箇所

3.設計>詳細設計>見積もり

概算見積もり結果と対応策第一案

(3)は出来上がっているけど、(1)と(2)が
なかなか進みません。結構、内容が難しいのだ。
頂いた資料などを元に現在、整理中です。

順番として(2)が書きあがらないと(3)がアップできないのです。
9日には研究会会議もあるので、研究会>会議もアップ予定。
[PR]