現場打ち合わせ(クロス)

我が家に使う壁紙はメンテナンス上の懸念やコスト削減のために
ビニルクロスにすることに随分前に決定しており、品番も全て決まっていました。

がっ!一週間前に急遽「環境を配慮した仕様」に変更することに。

その辺りの事情は後日、ホームページの方で詳しく書きますが、
当初からガリッと削れ易い珪藻土や漆喰などの左官塗り壁は絶対にNG、
布クロスや和紙クロスも拭き掃除ができないという、全て、メンテナンス上の
事柄からNGとの強い希望がありました。 → 参照:「ビニルクロス」

唯一、水性ペンキでの塗装を前提とした「塗装下地壁紙」は使いたいなぁとは
思っていたものの、クロスを貼る+塗装をする・・・という二重の手間がかかるため、
予算的に合わずに早々に断念した経緯があります。

しかし、その断念した水性ペンキ塗装仕上げとなることが決定いたしました。
水性ペンキ仕上げであれば、軽い拭き掃除はできます。
そして、今回選んだクロスは10回もの上塗りペンキ塗装が可能という
メンテナンス上もバッチリでございます。

・・・・ということで6月28日、現場でクロスについての打ち合わせを行いました。
「ルナファーザー」というドイツの環境壁紙にすることは事前の電話のやりとりで
すぐに決まったのですが、問題はペンキの色です。

真っ白の壁はあまり好きでないので、薄い黄みがかったクリーム色か、
少し灰味のあるアイボリーにしたいと希望を電話で伝え、当日、
色見本帳を見せてもらいました。

壁紙に塗装したときの質感を確認するために実際にサンプル壁紙にペンキを
塗ったものも見せていただいたのですが、色見本に載っている発色と実際に
塗装した色では随分違いがあることに驚く私と池井さん。

見本帳の色より随分濃い感じです。
結局、この日に決定することはできず、いくつか色を選びなおし、
後日、実際にサンプル壁紙に塗って確かめることになりました。

結果的に当初希望していた水性ペンキ・ローラー塗装の壁になることになり、
嬉しい反面、住み心地に大きく影響するであろう室内の壁の色をバタバタと
決めなければいけない不安とで複雑ではあります^^;

でも、きっと後から「ペンキの塗り壁にして良かったぁ」と思うことでしょう。
[PR]

by youpackhome | 2007-06-30 04:05 | 建築日記