京都環境建設研究会5月

昨日22日は、今月の京都環境建設研究会の会議。

議題:
 院生君の修士論文構成案の発表
 Kプロジェクト(我が家の新築計画)

Kプロジェクトは前回書いた、本見積もりの結果を報告。
今後のスケジュールなどが話し合われた。
今は例の構造偽装事件などに絡んで確認申請に時間がかかるみたい。

4月20日に書いた内容にも記したが、
京都府から地域産材の木材を使った家に30万円の
補助金が出る計画が固まりつつあるらしい。
「京都府の木」に認定されている北山杉を使うと更に3万円。

この補助金を受けるために、まず「京都府産木材認証制度」を
クリアしなければならない。

そのため、施工して下さるDAC・彩工房さんが
「緑の工務店」として登録、花背製材所さんが
「緑の建築ネットワーク」に登録してくださることに。

ようするに「木材に産地証明」を付けるため
モロモロの手続きが必要なのである。
http://www.pref.kyoto.jp/forest/gyousei/woodmil/gaiyou.html

更に新情報、まだ詳しいコトはわからないのだけど、
京都市産業観光局 農林振興室 林業振興課が
「京の山杣人(そまびと)工房事業」という市内産木材の需要拡大を
目指した事業をしているのだが、市内産木材仕様の住宅に
補助金が出るという噂。・・・・まだ小耳に挟んだ状態です(^_^;)

立木伐採から始めたので、どこからどう見ても京都府、京都市の
木材で建てる我が家である。市と府、重複して補助金を受けられるか
どうかはわからないけれど、できることならお願いしたい。

何とか京都の山・林業を救い環境を考えた建設を推進するため
木材流通~設計~施工のシステム化に頑張っておられる研究会の
皆様は会費もなく、皆様自費で駆け回っていらっしゃるのだ。
(ちゃんと一般の建築経費はお支払いするのですよ。誤解なきよう・・)

第1号モデルケースとなるKプロジェクト。
「予算がないのですみません」と木材部分まで
コストダウンするような悲しい結果にはしたくない。

補助金の助けを得て純京都産材の家を実現したい。
どうか、行政も助けてくれますように・・・と願っている。
[PR]

by youpackhome | 2006-05-23 17:25 | 研究会