研究会サイトがオープン

我が家の設計・木材調達・施工を全面サポートして下さった
京都環境建設研究会のサイトがついにオープンしました。

京都環境建設研究会 HP
家作りに関する様々な疑問にお答えします。
どんな些細な事でも、お気軽におたずねください。
可能な範囲でお答えします。
研究活動の一環ですので、おたずねは無料です。

・木の家を作りたいけれど、どうしたらよいかわからない。
・設計者は見つかったけれど、施工者が見つからない。
・施工者はきまっているけど、設計者が見つからない。
・木材の入手方法がわからない。

などなど、お気軽におたずねください。

だそうでございます。興味がある方は是非ヽ(^。^)ノ
[PR]

# by youpackhome | 2007-07-25 18:48 | 研究会

クロスが貼られていました。

今日は現場打ち合わせでした。
クロスに塗る水性ペンキの色決めと電気屋さんとの照明・スイッチ設置箇所、
最終チェック。電気屋さんとも何度かお会いしているのですが、とても良い方々。

既に下地のクロスが貼られていました。下地だけだと良くないと聞いていたけれど
「何も塗らなくても十分キレイだわぁ」という感じです。
でも紙のクロスなので確かに塗装無しだと、すぐに汚れそうです。

結局、少しベージュっぽい色にすることになりました。
明日から塗装に入ってくださるそうです。

f0031375_2229439.jpg

外壁塗装も先週完了、来週初めには足場も取れるようです。
やっぱり黒にして大正解!!!木とのコントラストが凄くキレイです。(写真右)

左側の写真はPC机が置かれる書斎コーナー。
椅子に座った時の目線高に合わせた小窓から外が見えます。
家で一番明るい空間かも(笑)
[PR]

# by youpackhome | 2007-07-05 22:35 | 建築日記

現場打ち合わせ(クロス)

我が家に使う壁紙はメンテナンス上の懸念やコスト削減のために
ビニルクロスにすることに随分前に決定しており、品番も全て決まっていました。

がっ!一週間前に急遽「環境を配慮した仕様」に変更することに。

その辺りの事情は後日、ホームページの方で詳しく書きますが、
当初からガリッと削れ易い珪藻土や漆喰などの左官塗り壁は絶対にNG、
布クロスや和紙クロスも拭き掃除ができないという、全て、メンテナンス上の
事柄からNGとの強い希望がありました。 → 参照:「ビニルクロス」

唯一、水性ペンキでの塗装を前提とした「塗装下地壁紙」は使いたいなぁとは
思っていたものの、クロスを貼る+塗装をする・・・という二重の手間がかかるため、
予算的に合わずに早々に断念した経緯があります。

しかし、その断念した水性ペンキ塗装仕上げとなることが決定いたしました。
水性ペンキ仕上げであれば、軽い拭き掃除はできます。
そして、今回選んだクロスは10回もの上塗りペンキ塗装が可能という
メンテナンス上もバッチリでございます。

・・・・ということで6月28日、現場でクロスについての打ち合わせを行いました。
「ルナファーザー」というドイツの環境壁紙にすることは事前の電話のやりとりで
すぐに決まったのですが、問題はペンキの色です。

真っ白の壁はあまり好きでないので、薄い黄みがかったクリーム色か、
少し灰味のあるアイボリーにしたいと希望を電話で伝え、当日、
色見本帳を見せてもらいました。

壁紙に塗装したときの質感を確認するために実際にサンプル壁紙にペンキを
塗ったものも見せていただいたのですが、色見本に載っている発色と実際に
塗装した色では随分違いがあることに驚く私と池井さん。

見本帳の色より随分濃い感じです。
結局、この日に決定することはできず、いくつか色を選びなおし、
後日、実際にサンプル壁紙に塗って確かめることになりました。

結果的に当初希望していた水性ペンキ・ローラー塗装の壁になることになり、
嬉しい反面、住み心地に大きく影響するであろう室内の壁の色をバタバタと
決めなければいけない不安とで複雑ではあります^^;

でも、きっと後から「ペンキの塗り壁にして良かったぁ」と思うことでしょう。
[PR]

# by youpackhome | 2007-06-30 04:05 | 建築日記

研究会会議:6月

f0031375_234249.gif

6月17日:「京都まちなかこだわり住宅」の見学に行きました。
この住宅は、都市居住推進研究会+京都景観まちづくりセンター主催のコンペ物件。
グランプリを獲得された池井さんと魚谷繁礼さん・正岡みわ子さんのグループによる設計です。

コンペの主旨は「京都の材料・職人でつくり、供給することで、京都の地場産業の振興、担い手の育成等、意識的に地域産業連関を築き、そこから良質な都心部のまちづくりにつながることを目指す住宅」だそうです。
・・・ということで、黒谷和紙の襖・京焼きタイルがポイントのキッチン・漆塗りの床・西陣織を施した天井など、内装装飾のあちらこちらにも京都名産が施されていました。

見学後はDAC京都オフィスにて通常の研究会会議。

議題:
1.院生さんからフォレストコーポレーション訪問の報告
2.石田先生の木材流通プロジェクトモデルについて
3.木材市場について
4.「きょうとエコワングランプリ」についての概要説明

(3)の「木材市場について」では今の木材市場を原木のセリ市をする機能だけでなく
製材や製材品のストックを含めた違う機能も持たせたらどうかという意見が出ました。
又そのような機能を持たせるための具体的な課題なども話し合われました。

(4)の「きょうとエコワングランプリ」とは京都府地球温暖化防止活動推進センターが
各団体の温暖化防止につながる取組を募集するというものだそうです。
そのことについて、詳しくセンターの渕山さんがいらして説明してくださいました。
詳しくは → 「きょうとECO-1グランプリ」

会議後はDACさんのビル屋上で楽しくバーベキューをしましたヽ(^。^)ノ
[PR]

# by youpackhome | 2007-06-24 23:06 | 研究会

現場打ち合わせ(配線)

長野視察の翌日、5月24日。現場にて各種配線の打ち合わせが行われていました。
「行われていました」・・・・というのは、この打ち合わせは私でなく夫が担当なのです。
f0031375_285974.gif

当然、コンセント位置やTV・TELジャックなどの位置は私と建築家の池井さんとで家具の位置を考慮しつつ決めてあったのですが、夫の強い要望で全て増やすことになりました。そして、電話に関しては”ビジネスフォン”を導入することに(夫の提案)。

ビジネスフォン導入により全ての部屋から内線通話ができ、インターフォンもこの電話で取れるとのコト。非常に便利ではあります。しかーし!「コ・コストが・・・・(汗)」と懸念する私。

ビジネスフォンの電話機は夫の知り合いからいただけるとのコト。
当然ながら中古でありますのでデザインを重視される方には我慢できない状態ですが、限りなく二世帯住宅に近い住まい方をする予定でもあり、機能を優先して納得した次第です。

コンセント増は数万円コストアップではありますが・・・・^^;

この日、京都府産木材認証制度-通称:ウッドマイレージCO2認証制度-
のノボリと垂幕も設置されていました。
f0031375_2151984.gif

[PR]

# by youpackhome | 2007-05-24 02:10 | 建築日記